建売パワービルダーのメーカーとブランド名一覧

コラム
スポンサーリンク

インターネットやチラシで新築戸建住宅を調べていると、「〇〇ガーデン」や「〇〇タウン」などの表記がついていることがあります。

それはその土地の住所や名称ではなく、住宅を売るにあたってメーカーがつけた住宅のブランド名です。それらのほとんどは、パワービルダーと呼ばれている土地付き一戸建て建売住宅業者のブランド名。最近の建売住宅のほとんどはこのパワービルダーによるものです。

評判や口コミを確かめようとそのブランド名で調べても、なかなかその核心にたどり着けません。そのブランドの住宅を建てているメーカーが分からない。

メーカーを知ることで評判や口コミを調査することができます。そこでブランドとメーカーの対応を一覧にまとめてみました。

飯田グループ系パワービルダー

パワービルダー系住宅メーカーの一大勢力である飯田グループ。海老蔵のCMでお馴染みですね。

飯田グループホールディングス「目力編」

まずはこの一大勢力、飯田グループに属するメーカーとブランド名から。

ハートフルタウン(飯田産業)

リーブルガーデン(一建設)

ブルーミングガーデン(東栄住宅)

グラファーレ(タクトホーム)

クレイドルガーデン(アーネストワン)

リナージュ(アイディホーム)

その他のパワービルダー

飯田グループ以外のパワービルダーもそれぞれのブランドを持っています。

タマタウン(タマホーム)

ミラスモ(ホーク・ワン)

メルディア(三栄建築設計)

ファーストタウン(ファースト住建)

最後に、関西圏で大きな販売実績を持つファースト住建のブランド。

パワービルダーという選択肢も悪くない

ネット上の口コミなんかを見ていると、あまりパワービルダーの評判はよくなかったりします。安っぽいとかサポートが悪いとか。

まあ確かにそういう側面もあるかもしれません。しかし私自身、パワービルダーの家に住んでしばらく経ちますが、十分に満足して暮らしています。意外と悪くないぞ、パワービルダーの家。